UVカットクリームの値について なぜ使い分けの必要があるのでしょうか

無駄に日光を浴びることによる紫外線のダメージを避けるため、

つばの広い帽子をかぶる、長そでを着る、日傘をさす、サングラスをかけるなど、

「紫外線を浴びない」工夫をすることが大切です。

衣類で隠せない部分や、水泳などで肌を露出してしまう時には「UVカットクリーム」を塗ることが有効です。

 

 

 

■SPFとPAについて

SPF(Sun Protection Factorサンプロテクションファクター)

UV-B(紫外線B波)に対する効果を表す目安の数値で、数字が大きいほど効果が高くなります。

この数値の意味は、紫外線が当りだしてから日焼けしてしまう

(=紅斑といって赤い斑点が出て炎症を起こしている状態)まで、個人差がありますが、

だいたい15分~20分と言われています。それをたとえばSPF30なら30倍遅らせることができる…

という意味です。

 

PA(Protection Grade of UVAプロテクショングレイドオブUVA)

長時間かけて肌の弾力を失わせるUV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値です。

「+」マークの多さがUV-Aに対する効果の高さを示します。

「++++」、「+++」、「++」、「+」の4段階があります。

 

PA++++ 極めて高い効果がある

PA+++ 非常に効果がある

PA++ かなり効果がある

PA+ 効果がある

 

■なぜ使い分けの必要があるのでしょうか

 

炎天下でのレジャーと、買い物などの日常生活で浴びる紫外線の量や強さは同じではありません。

ですから、UVカットクリームは、生活シーンや肌タイプに合わせて選ぶ必要があります。

 

 

<生活シーン>

・日常生活(通勤通学や買い物など) SPF20以下

・屋外での軽スポーツやレジャーなど SPF20~30

・炎天下でのスポーツ、山や海などレジャーなど SPF30以上

 

<肌タイプ>

過度なSPF値のものは必要ありません。極端に高いUPFは、肌への負担も大きいので、

肌に負担になるのでお肌の弱い方などは、SPF30までのクリームを選ぶことをお勧めします。

子供は子供用と書いてあるのものを使いましょう。

また、紫外線吸収剤も肌への刺激となる場合があります。

表示をご確認いただき、できれば紫外線吸収剤の入っていないもの、または、カプセインした、

肌に優しいタイプのものを選んでください。

 

 

 

 

あなたの肌タイプは?↓↓

肌タイプを知ろう

 

<効果を持続させるための塗り方のポイント>

十分な量を肌にムラなく伸ばして塗ります。また、汗で流れてしまったり、

擦れて取れてしまったりするので、こまめに(2~3時間おき)塗り直しすることも大切なポイントです。

 

UVカットクリームの効果は、数値が大きければそれだけ効果は高くSPF30までくらいは

その効果はどんどん高まりますが、SPF30以上では効果が急激によくなるものではありません。

お肌の負担が増えていくことになりますので、日常生活であればSPF15くらいが一番

お肌の負担も軽くしっかり守れる数値だと考えます。

 

■エポカルのおすすめは、うるおい成分たっぷり

エポカルの 『家族でうるおいUVケア』は、赤ちゃんから大人まで使える優れものです。

乾燥する季節に、肌が弱い方・毎日必ず塗る方のために、一番おすすめできるUVカットクリーム!

家族みんなで、全身にたっぷり使える「ポンプ」タイプと、

ポーチに入れて携帯しやすい「チューブ」タイプがあります。

 

 

冬に向かうにつれ空気の乾燥が進んでいくこれからの季節には、

使い心地も滑らかで、うるおい成分たっぷりのUVカットクリームが

嬉しいですね。

 

『UVカットクリーム(サンスクリーン剤)の賢い選び方』

↓↓

https://epochal-uv.com/uv%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%ae%e8%b3%a2%e3%81%84%e9%81%b8%e3%81%b3%e6%96%b9%e2%91%a0/

 

[ 参考 ]

日本化粧品工業連合会

https://www.jcia.org/user/public/uv/prevent

 

紫外線.com

https://shigaisen.com/

 

 

株式会社ピーカブー

エポカル企画室