会社の歴史

株式会社ピーカブーの沿革

 

2002年のチャレンジは起業

2002年4月に合資会社ピーカブーはスタートしました。

ピーカブーは、子どもが1歳の時に、和光市に住むママ友達と一緒に立ち上げた会社です。

 

2004年から本格始動したブランド:エポカル

当時は、耳にすることがなかった「紫外線対策」という言葉も、懸命にメディア露出、WEBサイトで書き続け、今は普通に受け入れられています。

株式会社ピーカブーは、はじめ合資会社、2人から始まった会社です。

 

初の助成金にチャレンジ

産業省後援のVEC(ベンチャーエンタープライズセンター)の審査を経て国からの助成金を頂戴し、有限会社、そして、株式会社にすることが出来ました。

その後、毎年チャレンジを重ねています。

VECからの初めての助成金

2004年英語で「画期的な」を意味する「エポカル=EPOCHAL」ブランドを立ち上げました。
紫外線対策ウエアの「名前」を付けたのです。

 

2018年オーストラリア市場にチャレンジ


2018年は、オーストラリア シドニーで、ARPANSAという政府検査機関にて日本で唯一の
企業認証をいただきました。

 

2019年のチャレンジは、展示会。それも海外!

 

さらに、シドニーにて展示会を行いました。

2019年は、再度オーストラリアに!!販売店を探し1日2万歩歩く活動も。

 

2019年ビジネスコンテストにチャレンジ

 

2019年 埼玉県 ウーマンピッチでは、優秀賞をいただき、沖縄県庁への訪問なども。

 

2020年新しい環境にチャレンジ

 

2020年 厳しい審査を経て、和光理研インキュベーションプラザにヘッドオフィスを移しました。(3月)

 

2020年ビジネスチャンスにチャレンジ

 

2020年 4月~3か月にわたり 全米で16位という名門校の大学院USC Marshall School of Businessの
International Business Consulting Projects に参加!

LA市場を目指しています。USC Marshall School of Business

 

2021年クラウドファンディングにチャレンジ

 

色素性乾皮症と言う名前の「紫外線」に当たれない子供たち(通称 XP)のための「外に出て自由を手に入れるUVカット防護服」の製作にチャレンジしました。
株式会社空調服様のご協力を得て、ファン付きのUVカット防護服を制作、そしてクラウドファンディングにチャレンジしております。

https://camp-fire.jp/projects/view/262061

 

2021年カナダ市場へのチャレンジ

カナダのディストリビューターが見つかりました!
https://www.tatport.com/collections/uv-protective-clothing

こちらのページで販売中です!

 

株式会社ピーカブー/エポカルのチャレンジは続きます!
Historyは、下記をご覧ください。

 

 

 


 

株式会社ピーカブーは、紫外線対策用のUVカットウエアをオリジナルで作っています

着るだけでUVケアする安心なウェア:エポカル

紫外線対策をしっかり行いたい、日常的にUVから肌を守って健康な肌でいたい方々にエポカルブランドは愛されています。
  • 日光アレルギー
  • 光線過敏症
  • 白皮症
  • 白斑
  • 色素性乾皮症
  • 膠原病
  •  など紫外線に当たれない病気の方もおられます。
    全ての製品が「特殊な繊維」で作られたUVカットウエアや帽子をエポカルは作っています。

こだわりは、デザイン。
デザインは、機能性だと考え、有効な紫外線対策ができるように、また、心地よく過ごしていただくために暑い時季でも「木陰の心地よさ」を目指した製品づくりをしています。

全ての製品のUV遮蔽率を、外部の検査機関と、自社(理研インキュベーションプラザ)で検査し、91%以上のUVカット率の素材(布)を使い製品に採用します。
これらの素材は、洗濯を繰り返してもこのUVカット率は落ちることがなく、破れるまでお使いいただけます。

安心して、外出ができるように、エポカルは皆様からのご感想やご意見を取り入れて、より健やかな生活ができるように製品の企画をしております。
紫外線対策は、予防医学。
ひどい日焼けをしてしまってからでは、身体に負担と害が残ります。

エポカルの予防医学的UVカットウエアをぜひお試しください。

 

 

 

エポカルブランド全製品のご紹介はこちら