会社の歴史

株式会社ピーカブーの沿革

株式会社ピーカブーは、子どもが1歳の時に近所の和光市に住むママ友達と一緒に立ち上げた会社です。
当時は、耳にすることがなかった「紫外線対策」という言葉も、今は普通に受け入れられています。
株式会社ピーカブーは、はじめ合資会社、2人から始まった会社です。
産業省後援のVEC(ベンチャーエンタープライズセンター)の審査を経て国からの助成金を頂戴し、有限会社、そして、株式会社にすることが出来ました。

その後、毎年チャレンジを重ねています。
昨年は、オーストラリア シドニーにて展示会を行いました。

株式会社ピーカブー/エポカルのチャレンジは続きます!