UV対策製品づくりの基準  株式会社ピーカブー

EPOCHAL(エポカル)ブランドの製品作りについて

EPOCHAL(エポカル)ブランドの基本は、紫外線から肌を守りUVカットを効果的に、そして、肌の健康を守るために快適に過ごしていただくUVカットウエアを作ります。

条件

  • UVカット率90%以上(カケンテストセンター等でのデータがあること)
  • 薄くて軽いUVカット素材(酸化チタン練りこみの素材)を使用すること
  • 肌に優しい素材を使用していること(厳選しています)
  • EPOCHAL(エポカル)らしい、紫外線対策を目的とした優れた「設計=デザイン=機能性」があること

など、ブランドオリジナルのデザインにもこだわっています。

 

UVカット帽子

写真のUVカット帽子には、透明のビニールがつばに採用されていますが、UVカット率99%以上の特殊な素材を使用しています。
もちろん可視光線は入ってきますが、紫外線はA/B波長共にかっとしています。

また、15年以上前からオリジナルデザインとして制作しています、3WAYUVカット帽子の形をレディースのために採用しました。
前と後ろのつばが、ばらばらになっていることにより、前のつばだけを上げたり、下げたりすることで、3つのスタイルを自由に楽しむことができる、オリジナルデザインです。

 

株式会社ピーカブー
EPOCHAL企画室

http://www.epochal.jp/

 

紫外線の4つの害について


株式会社ピーカブーは、育児中の母親2人が2002年に立ち上げた会社です。今までも現在も女性だけの会社。
子どもがアトピーだったことをきっかけに、紫外線対策用のUVカットウエアブランドEPOCHAL(エポカル)を立ち上げました。
赤ちゃんから大人までを対象とした総合紫外線対策ウエアブランドは、国内唯一。
特殊なUVカット素材を使用し、薄くて軽いのにUVカット効果が高い、アレルギーや敏感肌の方にも人気のブランドです。
和光理研インキュベーションプラザに本社を移し、検査・研究を試みつつ、オーストラリア、アメリカへの進出にもチャレンジ中です。
紫外線対策には、日焼け止め(UVカットクリーム)よりも環境にやさしい、信頼できるUVカットウェアをお勧めします。