紫外線対策研究室(ラボ)  株式会社ピーカブー

紫外線対策研究室

理研研究者と、東海大学名誉教授

エポカルでは、「研究室」と呼び、色々な実験を日々行なっています。

例えば、

UV測定器を使って毎日のUVの測定や
影と日向の温度の違い

湿度・温度測定器を使って帽子の中の温度測定
製品ごとの「保湿」の検査もこの機械で。

先日は、
赤外線測定器を購入しました!!

紫外線測定器

これから実験を始めようと思っています。

 

布の検査

UV遮蔽率の検査というのは、カケンテストセンターで行なっています。
そのほか、メーカーのデータを参考にさせていただくことも。

UVカット率は、91%以上のものをチョイスするのが、エポカルの基準。

満たないものは、製品にはなりません。

 

つばの長さ

帽子のつばの長さの設定についても、研究中です。
今言われている長さ・・・本当に目や顔を覆える長さなのかどうか、独自の実験道具を作り検討しています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々、興味を持つこと、環境に合わせたUVカット製品が作れるかどうか、研究しています。

 

 

株式会社ピーカブー
エポカル 企画室

 


株式会社ピーカブーは、育児中の母親2人が2002年に立ち上げた会社です。今までも現在も女性だけの会社。
子どもがアトピーだったことをきっかけに、紫外線対策用のUVカットウエアブランドEPOCHAL(エポカル)を立ち上げました。
赤ちゃんから大人までを対象とした総合紫外線対策ウエアブランドは、国内唯一。
特殊なUVカット素材を使用し、薄くて軽いのにUVカット効果が高い、アレルギーや敏感肌の方にも人気のブランドです。
和光理研インキュベーションプラザに本社を移し、検査・研究を試みつつ、オーストラリア、アメリカへの進出にもチャレンジ中です。
紫外線対策には、日焼け止め(UVカットクリーム)よりも環境にやさしい、信頼できるUVカットウェアをお勧めします。