ブランド誕生ストーリー

創業者の1歳の息子は、皮膚科医からアトピー性皮膚炎と診断されました。

それは主にそれが治療法のない病気であるため、それは健康な肌だった彼女にとって予想外でショッキングな出来事でした。
皮膚科の医師は彼女に「常に紫外線対策をしてあげてくださいね」とアドバイスしました。
彼女はとてもショックを受けたので、皮膚科から家に帰った記憶もないほどでした。

「息子を紫外線から守るには?」

 

 

すぐに彼女はUV防護服を探し始めましたが、日本の市場には、UVカットウエアや、グッズは1つもありませんでした(2001年)
通販誌、ショップなど、いけるところはあらゆるところを探しました。
彼女は、アトピーである子どもであり、まだ赤ちゃんに「UVカットクリーム」を塗ることを考えられませんでした。
どんなに安心安全と書かれていても、それが彼女にとっての安心ではなかったのです。

 

特別画像

 

最後に、彼女はUVカット素材を見つけました。
「UVカット素材があれば、その生地でアウターを作れば息子から紫外線を守れる!」
彼女は合資会社を設立し、有効性、品質、快適性が証明された全国的なUV保護製品を提供することにしました。

その頃、彼女の息子はいないいないばあができるようになりました。
それは彼女にブランド名のアイデアを与えました。
かくれんぼゲームです。

太陽の下に出るけれど、皮膚を隠し、UVの危険から保護するのです。

今日のピーカブー・ジャパンは、紫外線の短期的および長期的な影響に対する教育と解決策を提供する使命を持っています。

 


The founder’s one-year-old son had some skin problems, and he was diagnosed with atopic dermatitis by the dermatologist.
It was unexpected, mainly because it is a disease with no cure.
The doctor advised her ” Make sure you use UV protection all the time.” She was so shocked that she had no memory of returning to her home from dermatology.
“How do I protect my son from UV rays?”
Immediately she started to search for UV protective clothing. However, she was not able to find anything with good quality and efficiency.
Finally, she found the UV cut material. She thought, though, “If there is a UV cut material, I can protect my son from ultraviolet rays if I make outerwear with that fabric!”
She decided to found a company and to make available nationwide UV protection products with proven efficacy, quality, and comfort.

At that time, her son started playing peek a boo. It gave her the idea of the brand name. As Peekaboo
reminded people when they were kids, it also a hide and seek game. Going out in the sun, but hiding the skin, protecting from the UV danger.

Peekaboo Japan today has the mission to provide education and solution against the short and long term effects of the UV rays.