NO!UVマークを応援します!

NO!UVマークは、紫外線に当たれない人たちがつけています

NO!UVマーク

NO!UVマークを作ったのは色素性乾皮症の子どもを持つ父親!

色素性乾皮症とは?

露光部の皮膚にしみがたくさん生じ、皮膚が乾燥し、皮膚がんが普通の人の数千倍多く生じる病気で、
半数以上の患者さんで神経症状が現れます。また多くの患者さんで日に当たると異常に激しい日焼けの反応が生じ、
それが引くのに1−2週間かかります。この病気にはA-G群とV型の8つの病型が知られていますが、
それらの症状はどの病型かによってもその程度や現れ方が異なります。

https://www.nanbyou.or.jp/entry/112難病情報センターより

国内には、500人くらいの患者さんがおいでになると聞いています。
この病気は治りません。
型によって症状はいろいろですが、とにかく紫外線(UV)に当たる事を避けて生活します。

実は、それがなかなか分かってもらえない場面があります。
紫外線.com(子供のための紫外線対策協会)は、情報を発信することによりたくさんの方に、
UVを避けて生活する方々もいらっしゃることをお知らせしています。

XPだけでなく、

日光過敏症(光線過敏症)
日光アレルギー
膠原病
がんの治療の後
アレルギー
アトピー
など様々な理由でUVに当たれない人がいるのです。

これを「マーク」で知ってもらえたら!
とデザインを起された方がおいでです。
とても洗練されたステキなマークだったので、紫外線.comではこの活動を後押しするために「紫外線.com認定のマーク」にしようと考えています。

デザイナーの阿部さんは、XPのお子さんがいます。
このマークへの想いや、デザインについて、インタビューしました。
以下は、阿部さんのお言葉です。
ぜひご一読ください。

株式会社ピーカブー
松成紀公子


最近、生活の中でヘルプマークを見かける事が多くなりました。社会に浸透して来た事によって、困った時に手を差し伸べる人も増えて来ているように思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: nouv-mark-1024x1024.jpg

No! UVマーク

リスクを抱えながら生活をおくる方々と、その家族の思いをdesignの力と環境で、さりげなく優しい社会に…と願いを込めて考えてみました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image_6487327-1.jpg

デザイナー:阿部宏樹

【デザインについて】

パッと見、誰でも分かりやすいように太陽を感じるシルエットになっています。

周りの一本一本は、XPの原因である染色体をイメージし

夜の黒と月の光である黄色を使用しました。

黄色の本数は、XPのタイプ(8種類)と合わせて8本になっています。

対象としたモデルはXPになりますが、紫外線カットが必要な環境の方々の多くが、同じように使用できる事が望ましいです。

このNo!UVマークは、ヘルプマークと一緒に使うことで、伝える効果が生まれるのかなと思っています。

何かが起きる前に知る必要がある“為の合図になると考えています。

.

.阿部さんのWEB PAGEへ

NO!UVマーク デザイナー/阿部 宏樹

https://abehiro217.amebaownd.com/posts/30486825

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image_6487327.jpg

デザイナー紹介
阿部宏樹
東京都在中
アートとデザインの力で暮らしに笑顔を・・・
https://abehiro217.amebaownd.com 


 

紫外線対策の仕方は、紫外線対策5か条から2つチョイスして行いましょう!✨

紫外線対策5か条

子どものための紫外線対策協会では、紫外線対策5か条を提案しています。

  1. 日陰を利用しましょう
  2. 外出時間は、日差しの強い10時~14時を避けましょう
  3. つばの広い帽子をかぶりましょう(大人は7㎝以上 子供は5㎝以上)
  4. 長袖のUVカットウェアを着用しましょう
  5. 衣類でカバーできない日焼けしやすい場所には、UVカットクリームを塗りましょう

 


 

株式会社ピーカブーは、紫外線対策用のUVカットウエアをオリジナルで作っています

着るだけでUVケアする安心なウェア:エポカル

紫外線対策をしっかり行いたい、日常的にUVから肌を守って健康な肌でいたい方々にエポカルブランドは愛されています。
  • 日光アレルギー
  • 光線過敏症
  • 白皮症
  • 白斑
  • 色素性乾皮症
  • 膠原病
  •  など紫外線に当たれない病気の方もおられます。
    全ての製品が「特殊な繊維」で作られたUVカットウエアや帽子をエポカルは作っています。

こだわりは、デザイン。
デザインは、機能性だと考え、有効な紫外線対策ができるように、また、心地よく過ごしていただくために暑い時季でも「木陰の心地よさ」を目指した製品づくりをしています。

全ての製品のUV遮蔽率を、外部の検査機関と、自社(理研インキュベーションプラザ)で検査し、91%以上のUVカット率の素材(布)を使い製品に採用します。
これらの素材は、洗濯を繰り返してもこのUVカット率は落ちることがなく、破れるまでお使いいただけます。

安心して、外出ができるように、エポカルは皆様からのご感想やご意見を取り入れて、より健やかな生活ができるように製品の企画をしております。
紫外線対策は、予防医学。
ひどい日焼けをしてしまってからでは、身体に負担と害が残ります。

エポカルの予防医学的UVカットウエアをぜひお試しください。

 

 

 

エポカルブランド全製品のご紹介はこちら