スタッフ紹介> 代表取締役 松成紀公子

Kikuko Matsunari

 

株式会社ピーカブー 代表取締役 松成紀公子です。

松成紀公子

松成紀公子

この会社は、合資会社ピーカブーから始まっています。

子供がアトピーと診断されたのが1歳3か月の時、今から22年前になりますが、その時皮膚科医の先生に「お子さんの日焼け対策もしてあげて!」と言われたのがきっかけ。

すぐに歩くようになるだろう息子にどうやって日焼け対策(当時は、紫外線対策という言葉すらなかったのです)をさせたらいいのか、どうやって肌を守ってあげたらいいのか・・・考え考えて、

一番安全な衣類でUVケアをすることが一番の方法だ!

と考えたのがきっかけです。

当時、わたしは、自分で言うのもはばからないほどの「育児用品マイスター」だったと思います。

どこに行けば何があるって大体のトレンド用品は知っていたと思いますが、子供用の紫外線対策用のグッズやウエアは、見たことがなかった。

そんな時に出会ったのが、今も使用している「セラミック入り」のUVカット素材(布)です。

この布との出会いが、起業のきっかけとなり、今に至ります。

 

 

 


土日は、お仕事と体力づくり

趣味は、スポーツなど体を動かすことです。
いまは、週に1~2回・・・習っているテニスが中心ですが、登山や、ハイキング、ゴルフ、乗馬、釣りも。
小さいころは、スケートやバレーボール、水泳などやっていました。

とくに昨年始めたゴルフは、UVケアが必要な場所なので、そのスタイリッシュなウエアや、ゴージャスなグッズにも興味を持っています。

ノルディックウォーキングも住んでいる埼玉県朝霞市のチームに入れていただいていました。

 

 

 

写真を撮るのがとても好きです。

 

 

実は、EPOCHALカタログのカメラマンもやっています。
長年エポカルのカメラマンをやっていただいている師匠に教えていただき、置き撮りもやっとすこしできるように。

製品企画・販売企画・デザイナー、カメラマン、営業と幅広くやっています。

特に、もと銀行員だったので、アパレルの仕事には精通していませんが、逆に、
子供達との生活とたくさんの製品を見ることがとても好きであること、また、
主婦だからとても現実的な部分もあります。

それが、デザインにも生きているのではないかなと思っています。

もし、アパレルの勉強をしていたら、きっとこんなデザインにしなかったよね~と初めてのころはよく言われましたが、
布とデザインの融合でいろいろなことができる!とその可能性を楽しく思っています。

「えっすごい!これいいね」って言われるワンポイントのあるエポカル製品を作りたいと思っています。
もちろん、紫外線対策しながら、どんなブランドにもない機能性をつけて、
皆さんに「自分だけの1枚だ」って思っていただけるものを作りたい!と考えています。

2023.11月 尊敬するララフィルムの幸地カメラマンに撮っていただいた1枚。
沖縄ロケにて。

 

 


毎日の生活は、楽しい仲間と!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2021y10m03d_084654737-1-1024x733.jpg

いつも新しいものにチャレンジしたいと願って、実行しています。
今のスタッフは、家族よりも時間を一緒にしている、大切な大切な存在であり、ベストメンバーです。

彼女たちは、とても気遣いがあって、私を支えようといつもしてくれています。
それもとても奥ゆかしく!

チームワークだけで言えば、日本一の会社かな?と思っています。
子育ても、教育も、悩みも、喜びも、生み出しも、全部みんなと一緒にやってきました。
それも、楽しく!おかしく!

オフィスにいるときは、とっても幸せです。
本当に「笑いが絶えない、元気な」officeだと思います。

 


2020年は、理研インキュベーションプラザに入居!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_7900.jpg

理研といえば、理化学研究所。
日本で一番化学者が集まる機関であり文系の私にはとても遠い存在であり近い場所にある憧れの理研!子供が小さいころから一般公開日には並んで必ず訪れていましたが、まさかそこの研究者の先生方と仕事を通じて関わることができるとは!!!と驚いている今日この頃です。

理研インキュベーションプラザでは、アパレル(と言われたくないエポカルですが)では、ないだろうと思われる当社だけの紫外線測定器を研究者の先生に指導していただき、実験用に設置。

色素性乾皮症(XP)という紫外線に当たれない難病の方々のための防護服を作ります。

https://camp-fire.jp/projects/view/262061

患者さんたちの希望もあり、クラウドファンディングで小学生用の防護服を作り患者の会の代表者の方へ寄贈しました!(2022年2月)

現在は、さらに、本当はもっと小さいお子さん用の防護服が必要なのでは?と赤ちゃん用の防護服も企画・制作中です。
これらは、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、モロッコ、フランスからのお問い合せもあり、今後も頑張らなければ!と思っています。

 


活動

松成の日常の一部をお見せします。
現在、和光市のワコウリケンインキュベーションプラザに入居しております。
海外との活動だけでなく、近年では、起業家講座、紫外線対策講座、他企業との開発なども行っております。

 

STORY

2002年に起業し日本初の紫外線対策ウエア専門ブランドを立ち上げ継続。
本社を、理化学研究所の敷地内にある理研インキュベーションプラザに置き、理研の研究者・大学教授・繊維メーカーに指導いただき検査・研究・製品開発をしています。
難病のための世界にも稀なUV防護服を日本で初めて製作し、経産省・JETRO・EYの指導を受けてシリコンバレーに行くプログラムに参加中。
学会論文の補助、特許庁へ権利申請などの経験があります。

今までの経験や、埼玉ニュービジネス協議会、メンター会に在席することで人脈があり、消費者に近い主婦である目もあり、
製品化・事業化へのIdeaへの感度はよいと自負しています。

新たな社会的価値を生み出すことに魅力を感じ、新たな製品開発に挑んでいます。

 

株式会社ピーカブー
代表取締役
松成紀公子

 

 

関連記事