熱中症が起こる条件と気温と湿度を知る(紫外線×熱中症読本)

熱中症が起こる条件と気温と湿度を知る(紫外線×熱中症読本)

読本の答え熱中症の温度と湿度の関係を読本から読み取りましょう

 

熱中症 1番最初に現れる症状は

気持ち悪い・気分悪い
頭が痛い
フラフラする

 

どうして「気持悪く」なるの??

・・・暑さを放散できていないから

 

どうして暑さを放散できないの??

 理由1)湿度が高い 

湿度とは

空気の中に水分がどのくらい含まれているのかを、パーセンテージで表したものです。
 パーセンテージが高いほど蒸し暑く、低いほど乾いて感じます。

 

厚生労働省「暑さ指数(WBGT)を用いた熱中症対策について」

この指標のポイントは湿度の割合が多いという事です。

湿度が高いと汗が蒸発(放熱)しにくいため、高温になった体温が下がりにくく
熱中症にかかってしまいます。

国内では暑さ指数:WBGTが28℃を超えると熱中症の発生率が急増します。

熱中症予防のための目安として米国ではHeatIndex(気温と湿度の多項式)を指標とした
熱中症情報と対策、英・豪などは気温を使用していますが、
夏期の湿度の高い日本では、気温だけでなく湿度も熱中症の増加に大きく関係すること、
日射の影響も考慮する必要があることから、気温・湿度・風・日射・輻射の気象条件を
組み合わせた指標として、暑さ指数(WBGT:Wet Bulb Gl)を提示しています。

 

  

理由2)熱の放散が妨げられる要素がある

季節に合わない衣類の着用

・水分不足によって適切に発汗しない

・体が暑さに慣れていない時節(春先や梅雨明け)や状況(クーラー下の環境で過ごすことが多いなど)で、体の生理的機能が効率よく働かない

・年齢的な原因で、暑さに反応する機能が低下している

 

 

 

 

 

参照

環境省 熱中症予防情報サイト

日本生気象学会