幼稚園の保護者様向け紫外線対策講座《大古里育ちの森幼稚園様》

紫外線対策をするのは当たり前という意識付けがだいぶ定着してきました。ただ、大人の特に女性は意識してクリームを塗ったり、日傘をさしたりしていますが、中々浸透していないのは子ども達の日焼け対策です。

エポカルの帽子を制帽に採用してくださっている幼稚園さんは、どこも環境作りを大切にされているところばかりです。そして、子どもたちの環境作りに理解をいただくために、保護者向けの情報発信もまめにされていらっしゃいます。

今回はそんな幼稚園様の中の一つ、さいたま市にある大古里育ちの森幼稚園様にお邪魔してきました。

 

知っているようで、知らないことも多い紫外線対策

紫外線対策に対する知識は、UVクリームのCMや雑誌などが多いのでしょうか?

日焼けがシミやそばかすの原因になることは広く周知されていますが、とりあえずクリームを塗らなくては、という感覚で対処している方が、多くいらっしゃいました。

日焼けしやすい肌タイプや、お子様の日焼け対策のコツ、上手な紫外線対策の仕方など、エポカルの上手な使い方を含めて、色々な角度からわかりやすく、紫外線についてのお話をさせていただきました。

大古里育ちの森幼稚園 講座の様子

質問コーナーでも、お子様のクリームの塗り方やご自身の対策についてなど、積極的に参加してくださり、同じ母としてちょっとした子育て相談会となり、スタッフも楽しませていただきました。

 

大古里育ちの森幼稚園

大古里幼稚園様とエポカルの始まりは、幼稚園様が紫外線対策用のお帽子を探していたところ、弊社のHPにたどり着いたとのこと。

園児さんたちは、今でもエポカルの帽子を被って、元気に園庭で遊んでくれています。

サングラスをかけている園児さんがいたり、お庭に木がたくさん植えてあったり、砂場に屋根がついていたり・・・紫外線対策についても、様々な配慮があります。

大古里幼稚園の屋根付き砂場。紫外線対策

カリキュラムも、田植えやカヌー体験、山登りなど、屋外行事がたくさんあり、子どもたちの心の成長を大切にされている幼稚園さんです。