紫外線対策6か条(紫外線×熱中症読本)

紫外線対策6か条

子供のための紫外線対策協会より

 

1. 日かげを探そう

2. お外で遊ぶ時間を考える

3. 帽子をかぶろう・日傘をさそう

4. UVカットの服で肌を守る

5. メガネやサングラスで目を守る

6. 日焼け止めクリーム(サンスクリーン剤)を塗る

紫外線対策6か条について

1.日かげを探そう

紫外線対策先進国でもあるオーストラリアの『Sun Smart Program』でも、
紫外線対策のfast choiceは “日かげを探す” ことです。

日かげは日なたに比べ、約5割の紫外線を防ぐことができるとされています。

地面や空気中の塵などからの散乱光の影響は、考慮しなければいけませんが
日かげでの活動は、紫外線対策の第1歩です。

 

2.お外で遊ぶ時間を考える

紫外線の強い時間帯は、10時から14時頃です。
季節によりますが、正午前後ととらえておくとよいでしょう。

また、紫外線に気をつける太陽高度を知る目安として
自分の影が身長と同じか、もしくは短い時は紫外線に注意する』 と
覚えておくとよいでしょう。

この状況は、太陽高度が45~50度以上になったことを示しており、
紫外線が強く降り注いでいる目安になります。

 

紫外線対策ブランドエポカル

 

3. 帽子をかぶろう・日傘をさそう

東海大学の名誉教授である佐々木政子先生は、
「日傘は持ち歩く日かげです」と述べ、紫外線対策に有効であることを提示しています。

帽子や日傘は持ち歩ける日かげであり、誰もが簡単に実践できる紫外線対策です。

紫外線対策大国オーストラリアの『Sun Smart Program』では、紫外線対策に適した
帽子のつばの長さを以下のように示しています。

子ども : 5 cm 以上
大人 : 6 cm 以上

 

4. UVカットの服で肌を守る

肌を守るのは、覆って守ることが一番です
サンスクリーン剤は、合剤を肌に塗ることと、落とす時の摩擦による肌ストレスがあります。
衣服で覆うことが、一番肌ストレスがないといえます。

ですが、素材に気をつけなければ、衣服で覆っていても
紫外線の影響を受けてしまう場合があります。
素材によっては、紫外線を透過してしまうのです。

したがって、紫外線対策にはUVカット素材を使用したUVカット製品が有効と言えます。

気をつけなければいけないのは、UVカット加工品は洗濯などで効果がおちてしまうので、
UVカット素材を使用した製品を選ぶことが大切です。

 

5. メガネやサングラスで目を守る

昨今明らかになってきた、紫外線による目の影響。
それは、子どもの頃から対策することが大切であるとされています。

帽子のつばでも守れますが、長時間のアウトドアイベントや
海やプール、高原や雪山などの紫外線の強い場所では、
メガネやサングラスで目を守ることが必要です。

小さなお子さまでは、子ども用クリアグラスを利用するとよいでしょう。
サングラスは、色の黒いものですと、目の疲労を増強させてしまいがちですので、
薄い色味のものがよいでしょう。
目安は、“ 相手から かけている人の目が見える程度のもの ” です。

 

6. 日焼け止めクリーム(サンスクリーン剤)を塗る

日焼け止めクリームは、衣服で覆えない部分に活用しましょう。
ですが、塗ったからといっても安心はできません。
基本的に2~3時間おきに塗り直しが必要です。

また、日焼け止めクリームの効果をしっかり得るためには、
外出する20~30分前に塗ることが大切です。

日焼け止めクリームの効果の程度を表す、『PA』と『SPF』がありますが、
これは、使用するシーンや、使用する人の肌タイプによって変わってきますので、
ご自身の状況を知ることが大切です。

 

 

 

参照 :

絵とデータで読む太陽紫外線-太陽と賢く仲良くつきあう法-

オーストラリア Sun Smart Program

日本化粧品工業連合会