肌の働き

日焼け対策

皮膚の役割

保護

皮膚はからだの中と外を隔てる、からだの一番外側の器官です。

外からの刺激(チリ, ホコリ, 花粉, 細菌, 紫外線, 外力など)から、からだを

守っています。

 

体温調節

皮膚には血管と汗腺(かんせん)(汗が出る腺(せん))があり、からだの体温調節をします。暑い時には汗をかいてからだの中の熱を放散させ、寒い時には鳥肌がたち熱の放散を防ぎます。

体温調節を行い、外の温度の影響が体内に及ばないようにします。

 

知覚

知覚はからだを守るために必要な感覚です。皮膚には温度や痛みや触れた感覚を感じる知覚があり、その感覚の一部は、脳を通ることなく反射として行動に表れます(熱(あつ)さや痛みを感じた時に手を引っ込めるなど)。また、寒さを感じたときに鳥肌がたつのも、脳を通らずに自律神経に刺激が伝わる皮膚反射です。

 

分泌・排泄

皮脂(ひし)が分泌され、汗が排泄(はいせつ)されます。

皮脂や汗は“不快なもの”として扱われることが多いのですが、肌をしっとりさせる意味では天然の保湿液とも考えられます(汗や皮脂をそのままにしておくと、ニキビなど肌荒れの原因になりますので、天然の保湿液とはいえ、放置してはいけません)。

汗の分泌は体温調節としても大切です。

 

 

ビタミンD生成

皮膚では、骨の形成に大切なビタミンDを生成します。

皮膚に紫外線UV-Bがあたることで生成され、紫外線の人への影響の唯一の利点とされています。

 

再生作用

皮膚の再生能力はとても大きく、傷が表皮の上の部分(顆粒層・有棘層)に限られる場合は、傷跡を残すことなく再生することができます(傷の治癒過程で、無防備に紫外線にあてないことが大切です)。

皮膚は約30~40日(年齢によって日数も変わってきます)サイクルで新しく生まれ変わります。このサイクルは体調や生活環境, 環境の変化などで乱れやすく、ターンオーバーの乱れは、肌の健康に影響を及ぼします。

 

赤ちゃんのお肌は大人の2分の1