エポカルは、UVカットマスクで8年研究

マスク研究8年


実は、マスクの研究と制作を始めて8年以上になります

 

今年は、空前のマスクブーム。

大変な時代が来てしまった・・とかなり焦りましたが、やっと10月・・・落ち着いてきましたね。

EPOCHAL(エポカル)のマスクは、紫外線対策用の特別なマスクです。

もう、8年以上前から「夏マスク」を販売しています。

EPOCHAL(エポカル)のマスクは、紫外線対策用

 

エポカルのマスクは、紫外線対策用です。

眼の下から顔を大きく覆うように、耳の際まであるのが理想的です。

テニスコートで見る大きなフラップのような長ーいマスクではなく、コンパクトな花粉対策かな?風邪かな?

と考えちゃうくらいのものが理想。

それは、なぜ?

〇あざの治療

〇シミのレーザー治療

〇顔のやけど

〇日光アレルギー

など、目の下を大きく紫外線から守らなければならないときもあります。

部分的ながら、しっかり守りたい。

そんな方に、心地よく、蒸れずに、1日マスクをしているかどうかわからないほどの軽量で

薄いものを…ということで、できたのが「夏マスク」です。

今年の夏は、ものすごく売れました。

でも、ほとんどの方は「コロナ対策でマスクしなくちゃいけないけれど、普通のマスクでは呼吸がしんどいから」という

理由だったでしょう。

だから、

UVカットマスクではなく、「UVカットで、呼吸が楽な心地よいマスク」に作り変えました。

「穴が開いている」マスクを

「穴が開いているけれど、メッシュで覆っている&布のかぶしを少し多め」に改良しました。

 

マスクの時代はまだ続く!?

 

マスクの時代は、まだ続くかもしれませんが、少しでも心地よいものを追い求めて

実は、まだ改良をしています。

今年の素材のホープ!は、「防泥」加工をした素材です。(もちろんすべての素材は、UVカット素材です)

☆汚れ落ちが良い!

☆酸化チタンの作用で、においや汚れが落ちやすい

☆光触媒の力で抗菌する

 

そんなUVカットマスクです。

どうせするなら、「エコ!」

捨てない、物を大切にする社会でいてほしいと願い、布マスクを作っています。

https://www.epochal.jp/shopbrand/ct104/

ぜひEPOCHAL(エポカル)のオリジナルマスクをご覧ください。

株式会社ピーカブー
プロデューサー
松成紀公子